住んでみてわかること

何かを毎日続けるっていうのは
なかなか、手強いですな〜

今日からは
ちょっとでもいいから
毎日ブログ書いてみよっと。

で、前回の続き

そこがどんな街なのか?が大事。

と思った理由は

家族でどうにかしよう!!というのが
そもそもうまくいかない理由なんだなと、
やっとわかった。。。お・そ・い 笑

最近、住んでいる地域をよくしていこう!!と
活動している人たちに出会えたことで
そういうことに気づけた。

その方たちは、例えば
地域のみんな(上は50歳くらいから、下は小学生)で
朝ゴミ拾いをしたり(挨拶など自然に会話が始まる)
地域に住んでいる人が交流できる場所を作ったり(シェアオフィス)
住んでるマンションの人たちだけが使える食堂を経営したり

全ては、「コミュニケーション」のため。

コミュニケーションが
家族じゃない「誰か」「誰か」
そこにいていいんだという必然性を生み出してくれる。

その必然性が
それぞれの役割を生み出し
いきいきしてくるんだよね、きっと。。

そのコミュニケーションする場所に
高齢者を連れ出すのが、また課題だったりするんだけど
でも、まずそういう場所があるっていうことが

本当に
大事だと感じます、あたい!!

今日は、少々熱くなりましたですな。

コミュニケーションを大事にしてる方たちの活動。

 

nokutica(ノクチカ)
http://nokutica.com
トーコーキッチン
http://www.fuchinobe-chintai.jp/toko_kitchen.html
喫茶ランドリー
http://kissalaundry.com

あたいも、いろいろがんばるんば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です