変化

同居を始めて
もうすぐ一年になる。

最近

父が怒らなくなった。

私の父は優しい人だけど
わりとすぐ怒る
気が短い

母は、どちらかというと
マイペースで
天然なところがある。

父の機嫌が良いと
母との噛み合わない感じも
笑いになるのだが

機嫌が悪いと
父は、声が大きくなり
母を怒る。

私は、小さい時
それがとても嫌で
いつも親の機嫌を伺う子供だった。

そんな父が
最近、本当に怒る回数が
極端に減った。

同居を始めた時は
まだ、そんなことはなく
相変わらず、イライラすると
喧嘩になっていた。

その度に
同居を後悔して
しんどかった。

単純に弱ってきてるのか
母のマイペースさに
近づいてきてるのか 笑

なんだろね。

どうか
穏やかな日々が続きますように。

おやすみルンバ。

戻りたい

1人暮らしに戻りたい。

父に
台風の日に
遅く帰ってきて
心配したみたいで
私が連絡しなかったせいか
機嫌が悪く無視され

先日は兄に
親のことに関して
お前の意見は聞いてないと
言われ。

父さんよ
家族のことで
時間取られてるから
歌の練習できなくて
台風の中
カラオケ行って
一生懸命練習してただけだよ。

お兄さまよ
自分の生活も変えて
親と同居して
私なりに頑張ってるだけだよ。

もう、あんたたちで
勝手にやってくれ。

昨日と言ってること
真逆だな、私。

全然強くなってないね、笑

アホなやつらはほっといて
やること、たくさんあるんだから
頑張らなきゃwww

でも、つかれた。

やっぱ、今日は、寝よ。

おやすみルンバ。

ほんの少しだけ

最近、ほんの少しだけ
自分が強くなってきたように思う。

兄が、土足でズカズカ入ってきて
こっちの家族をかき乱しようが

それに対して、父が落ち込んで
3人の空気が重くなろうが

今まで自分が色々配慮して
いい感じになってたものが
ふりだしに戻っても

いいよ、オッケー、大丈夫!!
そんな思うようには進まないよね

と、いちいち落ち込まなくなった。

何が一番大事か

それは

自分の機嫌が良い状態であること

もうね、これは絶対です。

それが維持できていれば
また、どうにでもなる。

そのことに気がついた。

これは

家族だけに限ったことじゃないねん。

職場でも、友達でも、恋人でも
どこでも通用すると思う。

一つ学びだ。

マナルンバ♪

兄弟が揉める理由

親の面倒をみることで兄弟が揉める理由

それは

親の面倒をみていない兄弟

つまり

同居していない兄弟
遠くに離れている兄弟が

親の老化していく過程を
受け入れられないから

または

元気な時の親の姿で
止まっているから

だから

面倒をみている兄弟との間に
ギャップが生まれる

そこを、どうやったら伝わるのか
そこが本当に大変。

なかなかわかってもらえないのよ。
親が変化していっているのが。

だから、話が噛み合わなくなる。

今日は、兄と大げんか。
でも、親を思うこそではあるんだけど。

とほほ。。。

ガンバルンバ。

親とはわかりあえない

ここ2日くらい
忙しくて、体力がいっぱいいっぱい
とほほ。。
でも、新しいことにチャレンジできて
感謝の毎日でもある。

最近、気づいたこと。

親とはわかりあえなくていい。

同居を始めたばかりの時は

どうして私の気持ちがわからないんだ
こんなにあなたたちのことを
考えているのに。

なんて

親は
そんなに一生懸命になってくれなくても
大丈夫だよ、とかって
思ってたんだろうな。

介護の問題の一つの根底には

「親子なんだから」

これが、事を大きくするのかも。

分かり合えないからこそ
寄り添いたいなという気持ちに変われば
うまくいくことって、多いんだろうな。

おやすみルンバ。

認知症も笑い飛ばす

今年の3月
とても尊敬し、キュートで、大好きだった女性が
突然この世をさってしまった。

その女性と親しかった人たちで集まって
彼女を偲ぶ会に参加してきて。

話はやがて、親の介護や
どうやって親と関わっていくか
そういう話題になって 笑

その中の1人の女性が(これまためちゃ素敵な人)
ご自身のご両親が認知症になって
お父さまは、お亡くなりになって
今現在、お母さまの面倒をみていらっしゃる。

で、その彼女が
認知症になっている
お母様の話をしてくれるんだけど
まあ、それが面白いこと、面白いこと。

お母さんが玄関で
鏡に向かって喋り出したら最後なのよ 笑
鏡に向かった自分を他人だと思ってて
あら、どうも、こんにちは、とか話始めて
お先にどうぞ、遠慮しないで
とか、先に行くわけないよね、自分なんだもん 笑

など

もう、ゲラゲラ腹抱えて笑った。

でも

笑って話せるって、すごいことだもん。

そこに行き着くまでの彼女の葛藤や
親が老いていくことを受け止めることの大変さ
本当に、すごいことだと思う。

今日集まったみんなとの縁も
亡くなった彼女が作ってくれた。

私がいろいろ抱え込まないように
天国から、今日みたいな会を用意してくれたのかな。

本当に偉大な人だった。
今すぐに会いたいよ、希和さん。

いつも笑顔が素敵だったね。
今日も、みんなでたくさん笑ったよ。

ラブユー、希和さん。

ありがとうルンバ。

ふと、思ったこと

今日も、暑くてクタクタやねー皆さん。

帰り、母に電話して聞いたら
ご飯作ってあるよーって言うもんだから
お腹ペコペコなのを我慢して家に帰り
夜遅いからデブっちゃう。。
けど、まあ、気にしないで
むしゃむしゃ食べてると

ふと、思ったのですよ。

こうやって
親がいる家に
毎日帰ってくるって

広島の実家に
たまに帰っている時は
両親がいる時間は
期間限定だったのに

それが今は

日常になってる。

人生って、何が起こるか
わかりませんな。

フシギルンバ。

 

そろそろ本当の自分に

最近、よく、同居の理由を聞かれることがある。

広島を引き払って
関東に引っ越してこようという話は
ここ2、3年の話では、ない。

もう、10年くらいの話だ。

最初の頃は、親と同居なんて
120パーセント考えられなかった。

絶対、無理。

何が悲しくて
今さら親と住まなきゃいけないんだ。
そもそも実家が嫌で
東京に出てきたようなものなのに。
まあ、芝居に出会ったのも理由だけど。

拒み続けてきた時期が長かった。

ここ2、3年
母が体調を壊し始め
今、願いを叶えてあげなかったら
かわいそうだし、自分も後悔しそう。

そして
同居を決めて、これでみんな幸せ
よかった。

のはずだった。

でも、最近、本当にそうか?
と思う。

違うんじゃないの?

私が同居を決意したのは
親のためなんかじゃない。

結局は

自分を正当化するため?
小さい頃のトラウマから
解放されたいから?

最近
本当の自分が見え隠れ始めてしまいましたわよ。
とほほ。。。

どうしようルンバ 笑

なんだか。。。

家族に疲れてる、私、ちょっと。

家族じゃないほうが
うまくいくことが、多すぎるような。。。

それって
家族だけじゃ、ないよね。

大事なことって

第三者の方が
話やすかったり
解決が早かったり

家族って

世間にある
「組織」と一緒、なのか、な。

考えすぎたら、ハゲちゃう。。。笑

おやすみルンバ。

サワコ先輩

最近出会えた本

阿川さん、好き。

「後ろめたさをもつ」

後ろめたさをもつことで、優しくなれる。
なるほど!!

うちは、まだ介護までは衰えてはないんだけど
それはそれで色々手もかかることもあって
自分がどうしたら、精神を良い状態に保てるか
それが課題で。

ここ最近、実感していたこと。

自分に余裕がないと、結局、うまくいかない。

そのための、後ろめたさ。

でも、これは、親との関係だけじゃなくて
全てにおいて、言えることかもしれないですな。

親に勉強させてもらってるのかしらねー私。

サワコ先輩と呼ばせていただきたい。。。
ありがとう!!
サワコパイセン!!

今日の、後ろめたさ。

サワコルンバ♬