相続の話3

続きですけど

現金が残って
そのまま、仮に父が亡くなってしまったら
法定相続分で財産を分けることになるんですよね。

それは、、、ですね、、、
あまり、、、よろしくないわけで、、、笑

まあ、細かいこと言わなくても
お察しはつくと思いますが。。。

親と暮らしているのは

この、あたくしで

この先も、今の状況のままだと

この、あたくしが

関わっていくわけで

それで、兄弟で均等に分けられたら

この、あたくし

やっていけないわけで 笑

まあ、そういう話も
私の兄は、割と理解がある方だと思うので
ちゃんと話せばいいのだろうけど。。。

父がそれをきっちりやってくれれば
問題は起きないはずで。

が、本人(父や母)は
それほど危機感がないんすよね。

という感じ。
あー殴り書き 笑

ガンバルンバ。

相続の話2

この相続の話については
実体験として、いろいろある。

まず、広島の家を売却して
現在、埼玉のUR団地に
仮住まいしているわけなんだけど

もし、ここから家を買うとしたら
父は、名義を私名義にするということは
決めていて。

それは、どのタイミングかは知らないけど
私に兄と話しをしてくれていたみたいで。

兄は、自分の家を買っているし
俺もそこまでは、とやかく言わないと
了承してくれたらしい。

しかーーーーーーーーーーし

現在はどうかというと

まあ、家を買うというのは
80パーセントくらいの確率

ないわけで。。。。。(父母ごめんなさい)

そうなると、どういうことかというと

現金が残るわけで!
(そんなに大金じゃないです。。。)

その現金をどうするか?!の問題が

勃発してくるでしょ?

続きルンバ。。。笑

続き〜言葉で表現する〜

約束どおり
続き書きますわよ 笑

言葉にするって
なんだか偉そうに書いてますけど
ほんと地味なアクションで、

「洗い物してくれてありがとう」
「玄関、綺麗にしてくれたんだね。助かったよ」
「洗濯、大変だったでしょ、ありがとうね」

ほんと、文章にすると
なんだか余計恥ずかしくなるけど 笑

親に対して

家にいて
やることないんだから
洗濯くらいして当然

とか

ありがとうっていう気持ち
いちいち言わなくてもわかるよね。

みたいな。

そんな感じだった。

でも

伝わってないのかも!?

と、思った瞬間があって。

私も同居して
大変なこともあるけど

でも

よかったって思うことも
たくさんあって。

その

よかったって思ってる気持ちが
親に伝わってない気がした。

だから言葉にしてみた。

ただ、それだけのこと。
(最初は、めちゃ恥ずかしい 笑)

その、ちょっとのことが
親にとって、特に
父さんにとっては

テキメンな効果あり!!!!!

娘に負担なことばかりなんじゃないかと
思ってたのかもしれないね。
(確かに、負担も多しだけど 笑)

ガンバルンバ。

言葉で表現する

気持ちを言葉にするって

は・ず・か・し・い 

と思いませんか?

あとは

め・ん・ど・く・さ・い 

と感じる時ないですか?

特に親に対しては
そう思うことが
私は大いにある。

同居を始めて
一年8ヶ月。

ここらあたりで
かなり親の変化がありまして。

それは、なんだろうと
振り返るわけです。

その一つは
確実に

言葉で気持ちを伝える。

明日に続く!!

絶対、明日書くからね 笑

父とは暮らせない

もし、母が先に死んだら
父とは暮らせない。

果てしなく、果てしなく
勝手に不安を作りだし
いつも孤独に苛まれている。

そんな人とは
暮らせない。

私は父と似ている。

だから、手に取るようにわかるよ。

だからこそ
そんな父を見ていると
たまらなくしんどい。

私は、不安を少しでも
希望に変えて
前に進んでいきたいだけだ。

それとも

私が勝手に父は「そういう人」って
決めつけてるだけなのか。

もう、どっちだっていいよ。

知らん。

内容、重っ 笑

家族はいらない?!

これからは
「家族」という概念が
邪魔になるのでは?!

という感覚がひしひしと感じますわよ。

少々言い方が乱暴だけど
家族とか、夫婦とか、親子の問題って
オープンになりづらいっしょ?

やがて孤立へと繋がっていく。

私が親と同居したのも
結局は、二人が孤立していたからで。
(同居してもあまり変わらないけど 笑)

これから高齢化が進み
少子化も激しくなり
人手不足も進む。

ロボットが進んできて
そこをカバーできることも増えると思うけど

根本的には、家族以外の人たちと
いかに関わっていけるか。

そこが変わっていかないと
苦しいよー。

オープンにならないなら
そこの枠組みを取っ払ってしまえ〜!!!!

と、頭では思っていても
それを行動にしたり
形にするのは
難しいよな。

でも、意識するだけで違うはずぅ。

ガンバルンバ。

何も決められない父

広島にいるとき
飼っていた犬が亡くなってから
特に、毎日の生活に
生きがいがなくなって。

この生活をなんとかしたいな

環境が変わっても
結局、いつも虚しい感じ

なんなんだろう

父は、このまま死ぬまで
こんな感じで煮え切らない毎日なのか

もう、私は、知らんぞ。

色々、知らん。

それは、父自身の問題だ。

どうせ後悔する

昨日、ふと思ったんだけどぉ。

しんどいことって
時間が過ぎて
過去になると

「あの時は、楽しかったよね」
「今思えば、幸せだったよね」

とか、思うんだよね、きっと。

だったら
本当に
楽しみたいし
幸せだなーと
思いながら
過ごしたいものだぁ。

がんばるば。

2世帯、3世帯住居での生活

今の生活に
くじけそうになったりするけど
やっぱり、良いこともある!!

だから

これから日本では
高齢化が進んで
老人ホームも入れなくなったり
高齢者が溢れてきて
2世帯、3世帯住居生活
重要になってくる予感

そんな中で

私の今の生活
みんなで住むのも
悪くないよって
その参考になるようになれたら
良いじゃんって

ちょっと大げさだけど

思ったりするのだよぉ。

ふと、思ったのだよぉ。

ガンバルンバ。

反対された同居

親と同居を決めた頃や
始めた後も
いろんな人から

「やめといたほうがいいんじゃない?」
「うまくいかないって、大変だよ?」
「よく決断したね、大丈夫?」

あまり良い反応がなかった。

その時は、やってみないとわからないし
あくまで仮住まいだから(実家もすぐには売らないし)
まあ、気楽に考えようって

思っていた。

実際始めてみて
ほんとに大変なことばかりで
みんなに言われたことが頭をよぎり
後悔したこともあるけど
それでも悪いことばかりじゃなくて
自分のためにもなることも多くて
楽しいじゃんってことも
たくさんあった。

でも

なんでだろ

このところ
ほんとに同居がしんどい。

どうしてだろう。

当初、みんなに言われた通りになってきてて
なんだか、なんだか、ちょっとムカつく。

やはり、親との同居は
タブーだったのか。。。

んー、困った、困ったちゃんだ 笑

なんか、打開策があるはずだ!!!!!

ガンバルンバ。