高齢者と息抜き

一昨日、久しぶりに
仕事で会社に行きましたよ。

久しぶりに電車に乗って都内まで。

なんか新鮮で
小旅行の気分になった 笑

新しい仕事を任せてもらって
本当に本当にありがたい限り。。。涙

その日は、少し遅くまで会社に残って
お仕事させてもらって

1人の空間って
本当に久しぶりで
とても静かで気持ちが和んだ。

家に帰るのもめんどくさくなり

アパホテルの予約をポチ。
(今、なんと一泊2500円)

昨日もそのまま会社に行き
仕事させてもらって
夜遅くに帰宅。

要は、約2日間
家におらず親とも顔を合わせてない。

今朝、久しぶりに親と会話をして
お互いに悪くない感じだし。

たった2日間だけど

このたった2日間のリフレッシュ!!!

これが色々乗り越えて行くコツなんだと
再認識しましたよ。

また、アパホテルさん
使わせてもらいますね。

アパ社長!!!!
ちょっとでも貢献させてください!

ガンバルンバwww

ライザップ方式

今日から父と毎日散歩にでることに

決ーめーまーしーたーよ!!

友達にお父さんと一緒に
散歩行ってあげればいいじゃん

と言われたこともあるけど

なんかそこまでする必要ある!?
散歩くらい1人で行ってくれよ

と避けていたんですけど 笑

私くらいの独身アラフォー女子は

バリバリ働いていたり
自由にやりたいことやって
好きに遊んで
彼氏とデートしたり(昭和的)

そんな中

おじいさんと散歩って。。。。

想像するだけで
なんかちょっとシュールすぎる 笑

でも、まあ、コロナで
私も運動不足になりがちやし
散歩くらいせんとなー
そのタイミング合えば
一緒に行くか?(上から目線)

ライザップのマンツーマン方式で
短期集中型じゃないけど
癖がつくまでは

誰かと一緒にやる

これって

1人になったとしても
その時のことが記憶に残ってて
楽しかったら余計に体に染み付いてるから
できるんだよね

その方式で
とことん付き合ってみることにしましたよ

とほほ。。。笑

高齢者の親について聞かれるベスト1

緊急事態宣言
出されましたね、んー。
困ったもんだ。。

自粛してください
自粛してください

はい、大丈夫です!

うちの親は
基本、毎日自粛してますからー!!

なんて冗談を言っていられるだけ
まだ親もメンタルやられてないようで助かる。。。

高齢者の親について聞かれる

ベスト1

「親と同居して、良かったと思う?」

最近は、単刀直入に聞かれますなw

答えは

。。。。。。。。。。。汗

わっかりませーん 笑

が答え。

良かったとも言えるし
これから先のことを考えると
不安しかないとも言えるし

でも、それって

同居しなかったとしても
同じような気がする

離れて暮らしてて
お互いそのままの方が良かったと思うこともあるだろうし
離れていて不安だと思うこともあるだろうし

最近、ある人に言われた

同居してなかったらなかったで
後悔していたと思うよ
なんであの時一緒に暮らしてあげなかったんだろうって

それでだいぶ救われた

そうなんですよ
それで思い出した

今、自分ができることって
一緒に住むくらいのことしか
できないって

あの時なんでそのくらいのこと
してあげなかったんだろうって
後になって後悔するのが一番嫌だったし
その時、一人暮らしにも嫌気がさしていたし
すごくすごく悩んだけど、同居に踏み切った

って状況だったの思い出した(⌒-⌒; )

カッコつけて言うわけじゃないけど
まあ、良かったんじゃないかなと思う
私の人生においては。
(ちょっとはカッコつけさえておくれ。。。)

良かったこともたくさんあるしね。

あっ、それをあげてみよう。

でも今日は、歯の激痛がひどく
ここまでにしとこ。

もー、コロナさん
早く収束しておくれ。。。

ガンバルンバ

 

 

高齢者の両親について聞かれるベスト3位

最近、高齢者の親について
聞かれることが増えた。

まあ、私も今現在進行形だから
これと言った答えはないのだけどw

ベスト3!

「遠方の親と同居した方がいいのかな?」

わーかーる!!!
わかりますとも!
私も散々悩み考えましたからね。

今現時点の私の答え!!

それは

「できれば現状のままがベスト」

ただ、100人いれば100人現状が違うわけで
case-by-caseだけどねw

あと、厳密に言えば
同居するかしないか
それ自体が答えではなく

その前に話し合うことがありまっせ!

それは

これから先、どういう風に生きて生きたいのか?!

これが大事なわけですよ。
それを考えた上で

同居した方がいいのか、そのままがいいのか?

の答えに辿りつくわけでして。

うちは、そこを考えないまま
一緒にいるのがいいんではないか?!
ということから実家を売却し
同居を始めてしまったというわけなんですよ。
とほほ。。。

だけども

このブログのタイトル通り

人生これからだ!
ガンバルンバしてみる!!

 

介護を続けるために必要なたった一つのこと

親の面倒をみるとか
老後の親と関わるって

大半の人は直面する問題だと思う

私はそれがちょっと早かっただけ
(40代独身で80歳近い両親と暮らすって、我ながらレアだと思う 笑)

皆さんに覚えておいてほしい
(ちょっと講師っぽくwww)

介護や老後のお世話をすることによって

お互いが不幸せになったり
いがみ合ったり
ギシギシしたりした

そうならないためにはたった一つ

介護する側
お世話する側

この人たち自身が
遠慮せずに幸せな時間を過ごすこと

でもそれって
介護などが始まってしまうと

無意識のうちに
犠牲にしてしまっている人が多いんじゃないかな

また周りがそれを
親孝行して偉いね
すごいよ、尊敬する

のように言ってくれちゃうものだから
なおさら自分のことを忘れがちになり

結果

疲れ果ててしまう

面倒を見る側の勇気になってしまうけど
(親は弱ってくるし、弱気になるし)

自分の人生を
まずは幸せにしてあげる

これを忘れないで
小さいことでもいいから
やってあげる

一緒にいるのがしんどくなったら
ホテルに泊まるでもいいし
一緒にご飯食べたくなかったら外食すればいいし
会いたくなかったら会わなくていいし

これって
普通のことじゃない?って
思うかもしれないけど

介護って抱え込んじゃうから
こういう普通のことが
すごいハードル高くなっちゃうような気がする
(私はそうです。。。^^;)

その人が楽になる時間があれば

その楽な状態で向き合えるから
結果いい関係になる

これって勇気。
罪悪感をどうしても感じちゃったりするからね。

私も2年かけて
やっと気がついた。

書いてて思ったけど

これって

恋人でも友達でも夫婦でも仕事関係でも
同じだよね 笑

まずは気がつけたことに拍手w

高齢者あるある

スーパーなどで子供(50代)が親(70代)に向かって
怒鳴っている光景を目にしたことがあって。

たまたま聞こえて来たりすると
とても些細なことで、そんなに怒鳴る?みたい思っていた。

でも、同居して初めて

怒鳴るの、わーかーるー!!!

私は、どっぷり介護ではないので
もちろん四六時中一緒ではないし
今では、手を抜く方法も覚えたから
ほとんどそういうことはなくなってきたけど。

介護って

親の弱っていく姿を目の当たりにしなくちゃいけない。

それが一番辛くて
それを受け入れるのに時間もかかって
それで自分も疲弊していく。

介護をしている人を見ると
一生懸命な方が多い。

でも、その一生懸命が
本当に危険だったりする。

私なんて最近
家から出てエレベーターに乗った瞬間

マジでもう死んでくれ!甘ったれんなや!
クソババー!なんなんもー、子供かアホ!
もう知らんわ、好きにしろ!

暴言吐いております、はい 笑

みんなで暴言吐きながら介護しよー!

ガンバルンバ。

不安を作り出す

父は、2か月に一度
心臓の病持ちの検査をしている

以前、心臓のステント手術もして
今は、割と調子がいいはず!

なのだが

父:先生、いつかは、また手術しないといけないんですかね?
先生:いやー、大丈夫じゃないですかね?
父:でも、どうせ手術するなら早い方がいいですよね?
先生:そんな考えなくても、大丈夫ですよー

大丈夫って言ってるのに
自ら、不安を作りだしている。。。。

まあ、わからんでもないが。。。

人って、そういうもんなのかもしれないですな(⌒-⌒; )

 

まずは、己を守る

最近、体が限界だ。。。
運動してなさすぎて
明らかに体力が、ない。。

体も痛いし
気持ちも余裕ないし
(いつものことだが 笑)

家に帰れば

ささき老人ホームだし!!!

 

 

 

 

テンション上げたいし
時には、静かな家で
穏やかな気持ちでいたいさ。

しかし

母が耳が聞こえずらいせいで
テレビの音がいつも

 

 

 

 

 

爆音!!!!!

 

 

 

 

 

 

それで今日は
なんか思いっきりキレそうになり
こんな疲れてるのにキレたりしたら
余計エネルギー使うし

すかさず

 

 

 

 

 

 

「風呂入ってくるわ」

 

 

 

 

 

 

と言ってやった!!!

母は

 

 

 

 

 

これからご飯なのに
なんでお風呂なんて行くのよ!

 

 

 

 

 

 

 

と、また、キレそうになるセリフを
よくぞ言ってくれたわ!

こんなくだらない
どーでもいい会話なんだけど

健康ランドの風呂入りながら
あたいは思った。

 

 

 

 

まずは
己を守ってやらないと
相手になんて優しくできない。

 

 

 

 

 

ほんのちょっとしたことなんだけど
人って、我慢しがちじゃない?

 

 

例えば、行きたくない飲み会に我慢して行くとか
好きじゃない人と、無理して楽しそう話すとか
旦那に嫌な顔されるから、友達との食事我慢するとか
(経験ないけど 笑)

 

 

そのちょっとの我慢が積み重なると
ちょっとが相手にも伝わって逆効果だし
知らないうちに自分に負担がめちゃかかってる

 

 

 

その「ちょっと」を
自分の癒しや守ることに使うと
相手にも、他人にも、友達にも
初めて優しくできる。

 

 

 

 

私とオカンの会話なんて
はあ?行けばいいじゃんって思うよね。

ほんと、そうなんだと思う 笑

ガンバルンバ。

相続の話

先月、無事に資格試験

相続支援コンサルタントに合格した私!
えっへん!!笑

この話を友達や知り合いにすると

「ちょっと聞いてもいい?!」

と、まあ、普通に相談されることが多く
みんな、いろいろ考えてるのねーと
思う今日この頃。

もちろん我が家でも
そういう話はしておりまして。

最近、父がいろんな意味で
変化してきた。

素直になってきたと言いましょうか
諦め始めてくれたと言いましょうか

これが最初の第一歩!

そうさせることが
何より一番大事。

そうさせられるかが
私たち子供や、周りの人たち役割。

ガンバルンバ。

鼻で笑う

最近、ふと気がついてしまった。

親より私のほうが

体調壊しとるやないかーー!!!!

それに気がついて
鼻で笑ってみた。

この鼻で笑うっていうのが
意外と気持ちが楽になったりするのぉ

アホやなーって
どうしようもないなって

辛いしんどい状況を
軽くしてあげるんだ。

自分で自分を救ってあげれたら
これ以上の最強はないぞぉ。

続けてみよ。