そばにいること

母は、呼吸器系が悪いため
急に動いたり
歩いたりすると
息が上がってしまう。

そのため
どうして背中が張って
肩で息をしちゃうから
方も凝るし。

別々に暮らしていた頃
実家に帰った時には
毎晩、肩や背中をさすってあげた。

東京に戻る時
いつでもそれをやってあげれたら
いいのになと

東京に戻る日
いつも思っていた。

東京で売れない役者を続け
東京に戻る大した理由もないくせに

情けなくて、辛かった。

その時のことを思うと
今、同居を始めて
いろいろそれはそれで大変だけど

やっぱり

一緒にいることに勝ることはないのかも。

なんて、ふと、思ったっす。

ガンバルンバ。