老後の生活

ここ2,3ヶ月の間
父の顎の調子が悪く。

歯医者さん曰く

噛み締めがひどいから
マウスピースを作って
夜、はめて寝たらいいですよ。

との事。

だが、しかし

父は、埼玉に来て
入れ歯を新しく作り変えてから
調子が悪くなったと言っている。

わたし的には
今の歯医者の先生の言うことは
ほぼほぼ間違っていないと思っている。

頑固な父は
ここ最近、勝手に歯医者を変えて
先生の意見を聞いてみる言い
やはり同じようなことを言われたよう。

それでも、

「広島の時は、こんなことなかった」

と、まあ、100万回くらい
何度も同じことを言う。

私もいい加減にイライラして

広島の時のこと言っても仕方ないから
とりあえずマウスピース作ったら?
広島の時からの蓄積の結果なんじゃないの?
何回も言ってるけど、私。

父は、気持ちのどこかできっとまだ

「前の生活の方が、良かったのかも。。」

と思っているのだと思う。

それが、無意識ではあるけど
心の奥に消えないのだろう。

父よ
実家を手放し

賃貸生活が、しっくりこないのは
わかってはいるのだけどよぉ!!!

こうして、みんなで暮らして
どんだけ幸せなのか
どうしてわからないんだよ。

父さんのアホんだあらぁ。。涙
(広島弁風)

ガンバルンバ。