動物の力

我が家は
4年前までラブラドールを飼っていた。

家の中で飼っていたというのもあり
かなりの存在感で
今でも、ふと、近くにいるような気がするほど 笑

彼(ペット)がいなくなって4年が経とうとして
やはり新しいメンバーとして
犬を飼いたいなと思っているのだから
今がどうにもこうにもペット可のマンションじゃないから
諦めているが。。。

そんな今日この頃の今日(そんな表現ないよなww)
従姉妹がトイプードル2匹と雑種のワンちゃん1匹を連れて
遊びに来てくれた。

まー、パーッと我が家が明るくなるわなるわ。

父なんて、目をまんまるくして喜んで
まあ、無邪気に喜ぶは喜ぶは 笑

ペット様様だ。

よし!
父の手術が終わったら
やはり、ペット可マンション探すか!笑

ガンバルンバん

親のスマホデビュー!

とうとうこの日がやってきた。
と、まあ大げさな言い方だけども 笑

私的には、ボケ防止にもいいし
少し頭使うからね。
と、スマホを勧め続けて早3年
(まじ、そのくらいかかってる。。)

たまたま私のiphoneが寿命で
変えようとショップに入ったら

グーグルが出してるスマホが
まあ、金額も安いし
機能もかなりいい!!

3台一緒にソフトバンクに乗り換えると
安いらしいと、親に伝え、見事に成功!

だか、しかし、、、

ガンバルンバ。

9月も終わりか。。。

夏の暑さも
和らいできて
だいぶ涼しく過ごしやすくなってきた。

私の生活といえば
特にこれといって変わったことはない。

でも

明らかに前よりも楽にはなってきた。

それは

慣れてきたから 笑

こういう時はこうする、とか
自分の中で対処の仕方を覚えてきたというか。

家の問題

相変わらず、、、、保留中。

頑張るんば。

ケアマネさん

ケアマネさんが辞めちゃう。。。

せっかく仲良くなって
父母も、和んできたのに〜!!

ショック。。。

でも、とてもよくしてくださって
感謝しかない。

これからもバイトで
たまに、遊びに来てもらおうかなー。

そのくらい
相性の合う人を見つけるのって大変。

ガンバルンバ。

気持ちが、毎日変わる

気持ちが毎日変わるねぇ。

昨日は、もう限界って思ったり
今日は、意外といけるって思ったり

気持ちの波があって
ちょっとしんどいねぇ。

でも

それが当たり前なんだよね
気持ちの波があって
当たり前やん

毎日大丈夫って思えたら
それはそれでいいのかもしれんけど

今日はいけるって思える日もあれば
今日は、本当に無理って思える日もある

それが毎日生きるってことや!
なんて、大きくまとめてみた 笑

そんな
小さいな発見があって
よかった。

不安を作り出す

父は、2か月に一度
心臓の病持ちの検査をしている

以前、心臓のステント手術もして
今は、割と調子がいいはず!

なのだが

父:先生、いつかは、また手術しないといけないんですかね?
先生:いやー、大丈夫じゃないですかね?
父:でも、どうせ手術するなら早い方がいいですよね?
先生:そんな考えなくても、大丈夫ですよー

大丈夫って言ってるのに
自ら、不安を作りだしている。。。。

まあ、わからんでもないが。。。

人って、そういうもんなのかもしれないですな(⌒-⌒; )

 

エレベーターが止まる

今住んでいるマンションのエレベーターが
工事に入るために、運転停止の連絡が。

なんと、10日間も!!

私の部屋は4階なのだよ。

ということは
親は10日間

監禁状態なのか?!

え?!どうするのよ。

パニックwwwwwww

デイケアのお誘い

昨日、初めて母にデイケアの提案をしてみた。

「高齢者」と呼ばれる方の集まりは
あんまり好きじゃないし
好んで行かない母だと思っていた。

まあ、自分を高齢者だと思ってないから
当たり前か 笑

が、あまりにも外に出ないので
(私が一緒だと、喜んで出掛けようとするが)
たまりかねは私は、

「デイケアに行ってみない?」

と提案してみた。

そこには、介護犬として
大きなラブラドールがいる。
しかも、4年前くらいまで飼っていたラブと
とてもよく似ている。

すると、案外素直に興味を示してきた。

よっしゃ!!
うまくいくかもしれなーいぞ!!
しめしめ!

続く。。。

高齢者あるある

今日、久しぶりに
焼肉を食べに出かけた時のこと。

店員さんに
「ご注文は、このタブレットでお願いします」

と言われ、父も母もポカーン。

私的には、まだ17時半やし
お店も暇なんやから
とりあえず普通に聞いてくれたらいいのにと
心の中で思いつつも、
父と母には

「これから人口減少が激しくなるから
だんだんこういう機械になっていくんよ」

と、薄っぺらい説明をし
で、自分でやったほうが早いと思ったが
母が興味を示していたから
やらせてみた。

楽しそう 笑

で、ようやく「注文送信」のボタンを押した途端

父が

「すいません、注文お願いします!」

と叫ぶ。

え!?なぜに?!

父「これを店員さんに渡すのかと思った(⌒-⌒; )」

おもろいやないかー 笑

後悔しても。。。

同居を後悔している!!!(本当は50パーセント以上www)

が、しかし

それは、実際に実行したからこそわかることで
今でも親を呼んでなかったら
それはそれで

後悔している!!

のだろうと思うから。

なので、

結果的には、後悔してると思うこと自体
あまり意味がないと、気がついた。

そんな夜。

ガンバルンバ♬